瑠璃色が美しいフリーカップ

瑠璃色が美しいフリーカップ

派手ではないけどデザインを主張している瑠璃色のフリーカップ。 縦のラインがぐるりと入ったこのシリーズは、色の付いた釉薬のかかった部分と色の付いてない部分のかげんがよいと思います。 下が小さく上に向かってなだらかに広がるフ

カップがキャンバス

カップがキャンバス

鳥居明生さんのフリーカップは、ひとつずつ絵が違います。 インスピレーションで個別に描いていくそうです。 同じような形を繰り返し描いているものもある一方、この写真のように絵のように描き込まれたものもあります。 あふれてくる

ヒマラヤブルーのタンブラー

ヒマラヤブルーのタンブラー

榧陶房 駒形悦子さんの淡い水色のタンブラーです。 ブナの木の灰を使った釉薬からこのきれいな色は生まれるそうですよ。登山をされる駒形さんだからこそ生まれてくる作品ではないでしょうか。 自然が生み出す色。真っ白ではないところ