工藤真人陶展 春夏秋冬で頂くご馳走の唐津 〜 料理映えする器 season IV 〜

毎年工藤真人さんには個展を開催していただいておりますが、今年は4回目。
唐津をメインテーマに展示していただけます。
軽井沢町の西部、追分地区にある信濃追分文化磁場油や。そのなかの醉器での開催です。

「春夏秋冬で頂くご馳走の唐津 〜 料理映えする器 season IV 〜」

●期間:2019年8月10日(土)〜20日(火)
●時間:11時〜17時
●場所:軽井沢町 信濃追分文化磁場油や内 醉器

●工藤真人
1958年 8月1日、東京都港区赤坂に生まれる 新宿歌舞伎町で育つ
1980年 早稲田大学中退
1980年 愛知県常滑で陶芸の修業
1984年 スペイン、イラン、インドで工芸の研究
1987年 茨城県阿字ヶ浦町にて作陶開始
1988年 東京都新宿 増田屋で初個展
1989年 東京銀座 黒田陶苑で個展 (三回)

伊勢甚(水戸)ギャラリー玄海(新宿)ギャラリー繭(白山/京橋)ギャラリー乾(足利)八木橋(熊谷)ひよし(岩槻)もえぎ(益子)工芸のわ(野田)ギャラリーエレガンス(伊豆高原)横瀬画廊(ひたちなか市)いちょう(田園調布)かつら陶芸 (笠間)などで個展

東京ドームテーブルウェアフェスティバル2017に出展 クラフトフェアまつもと2018に出展

小原流立川支部新年式典で「やきものの歴史」について講演、また2003年、工藤昌伸追善花展「行雲流水」(東京・エスパスオハラ)、好評を博す。

海外
2007年 フランス、パリのバスティーユでグループ展
2008年 インド、コルカタで「日本の工芸」展に参加、ワークショップを開催
2014年 International Woodfire Festival, Mystery Bay Australia 2014に参加、ワークショップを開催

https://www.facebook.com/sukunahikoy

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone
Tagged on: