松田窯(すこし屋) 松田歩さん

砥部焼は一般的に磁器で絵柄もむかしながらのものが多く一見して砥部焼と分かるのですが、松田窯さんの器を最初拝見したとき、可愛くて若い人にも受け入れられそうな絵柄が印象的でした。
購入して愛用しているのは、“小紋”と名付けられた梅の花と思われる模様が入った小さめのそば猪口です。妻が購入したのは水玉。二人で晩酌をするときによく使わせていただいています。全体から受けるソフトな雰囲気は、穏やかでゆったりと夫婦で酒を酌み交わす場を作ってくれています。
醉器をはじめるにあたりお願いして置かせていただくのもこの小さいそば猪口を中心とした可愛らしいものばかりです。
価格も良心的なお値段ですので器をこれから楽しんでいきたい方にはオススメかと思います。

注目オンラインショップの松田窯さんコーナーはこちら

■陶歴
1994年 砥部焼・亀田緑光氏に師事
1995年 愛媛県窯業試験場にて研修
1997年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
1997年 有田焼・幸衛門窯入社
1998年 ながさき陶磁器展入選
西部工芸展入選
佐賀県美術協会展入選
1999年 愛媛県にて松田窯を開く
2005年 有限会社すこし屋設立
2007年 えひめ伝統工芸大賞 準大賞受賞
2009年 砥部焼新作展 大賞受賞
えひめ伝統工芸大賞 優秀賞受賞

オフィシャルサイト:すこし屋(http://www.sukoshiya.com/)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone
Tagged on: