関太一郎さんの新しい工房

関太一郎さんの新しい工房

関さんは、以前群馬県高崎市の倉渕というところで作陶されていましたが、先日同じ群馬県の前橋市に工房を開かれました。 倉渕は山間の場所という感じで、こちらは幹線道路には近いもののやはり静かで自然豊かな場所です。 赤城山の山麓

凛として優しい白さのお皿

凛として優しい白さのお皿

関太一郎さんの6寸サイズの皿です。 関さんの白は真っ白ではなくせいか、ちょっと柔らかな印象の白。関さんの白は練乳のような白だと思ってます。 底がちょっと平らになった浅鉢のような形状で、型を押したような形ではなく、手とろく

青と緑の蕎麦猪口

青と緑の蕎麦猪口

関太一郎さんのそば猪口です。 くすんだ淡い青い色と、カーキ色。ひとつひとつ形が微妙に違い、色も部分的に違う。それがいいと思うのです。それがおしゃれだと思います。 でもいずれも同じ釉薬だとお聞きして驚きました。 土の違いに

練乳のような白のぐい呑

練乳のような白のぐい呑

練乳のようなきれいな白。 柔らかな感触を感じさせる肌。 写真では分かりにくいかもしれませんが、ところどころうっすらとピンク色になっていて味わいがあります。 関太一郎さんのぐい呑は、基本的には一品ものだそうです。 きれいな