頂き物なのですが、黒澤酒造さんの「井筒長 氷雪貯蔵 純米生原酒」

黒澤酒造 井筒長 八千穂高原氷雪貯蔵

「日本一と称される美しい白樺林の広がる北八ヶ岳山麓 八千穂高原。その白樺群生林の最標高地点である標高1600M地点に位置する八千穂高原スキー場に厳冬期に清酒の氷雪埋設・貯蔵することで、一定温度によるほど良い熟成をさせます。貯蔵するのは速醸法という一般的な製法に比べ倍近い時間を要し手間のかかる伝統製法生もと造りで醸した力強い自慢の純米原酒。白樺と青空そして雪景色の美しいコントラストの中で“甘酸辛苦渋”酒の五味のバランスがよく、コクとキレの良い酸、深い味わいに仕上がったお酒をご賞味ください。」(黒澤酒造ホームページより)

標高1,600メートルの白樺林で熟成されたというお酒です。
白樺林の自然豊かな風景を思い描きながらいただくのもおつですね。

力強い味は黒澤酒造さんの特徴ではないかと思いますが、飲んだ後には芳香を感じます。
黒澤酒造さんのしっかりした味の日本酒なので、酒器は漆があうと思います。
写真のお猪口は「漆の和」さんのそば猪口型。
毎年黒澤酒造さんのイベントに参加されたり黒澤酒造さんのギャラリーで展示会を開かれている漆の和さん。
黒澤酒造さんのぐい飲みはこれしか考えられません。

漆の和さんの漆器は「そらいろの丘」でご覧になれます

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone
Tagged on: