陶磁器に咲く花々

いずれも女性の陶芸家による手描きの花々です。左上から時計回りで、清水なつ子さん、駒形悦子さん(榧陶房)、田中貴美子さん(陽貴窯)、佐賀しげみさん(梅乃瀬窯)。
陶磁器以外でも織物・ガラス・建物の飾り・スマホのカバーなどなどどんなもののデザインでも、そして古代から唐草模様があるように、はるか昔から花というモチーフははずせないものですね。
それは花を見ていると心和み、幸福感も感じるからでしょう。
冬、花々の咲く春を待ちわびてます。
Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone
Tagged on: