醉器でお取り扱いさせていただいておりますロイ・マーティンさんの笠間市のお宅におじゃましてきました。

友部ICからすぐ近くにありますが、まわりは野原とか畑で隣家も離れている静かなところです。

3年前ほどに火事で新築間もない家が焼けてしまったそうで、今お住まいなのは火事のあと数日で建てたという手作りの家。柱と板を組み合わせて立ち上げたようなワイルドな家ですが、中の床などにはペンキで模様が描かれているのが芸術家の住まいというのが伝わってきます。

ロイさんの器は、楽しく温かみを感じさせる形と絵付けが特長だと拝見してました。なかなか他には無い独特さがあるので、ひとめ作品を見ればロイさんのだとすぐ分かります。四半世紀以上陶芸の道を邁進されていたロイさんですが、残念ながら今年の笠間の陶炎祭(ひまつり)のあと作陶を止められてしまいました。

今回、仕入れのお願いをしてその残念なニュースをお聞きしたのですが、まだ残っているものがあるということで今回伺ったしだいです。仕入れさせていただいたものは随時オンラインショップに掲載して行きたいと考えております。

ロイ・マーティンさんの作品

陶芸を止めて気持ちが楽になったというロイさん、違うことをやってみたいという話しもありましたので今後の転身を応援したいと思います。

注目オンラインショップのロイ・マーティンさんコーナーはこちら

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone
Tagged on: