関太一郎さんのそば猪口です。
くすんだ淡い青い色と、カーキ色。ひとつひとつ形が微妙に違い、色も部分的に違う。それがいいと思うのです。それがおしゃれだと思います。

青いそば猪口(関太一郎)

緑のそば猪口(関太一郎)
でもいずれも同じ釉薬だとお聞きして驚きました。
土の違いによってこんな色の違いが出るそうで不思議ですね。質感もちょっとだけ違うのですが、それも土の違いからでしょうか。
そば猪口ですが、飲み物のカップとして、あるいは料理を盛る器としてもお使いいただけます。店主はこの緑色の方のそば猪口で最近は日本酒をいただくことが多いです。手になじみ、酒を邪魔せず、酒を楽しませてくれるうつわなのです。

オンラインショップの蕎麦猪口コーナーはこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone
Tagged on: