陶土のパーツを貼り合わせて組み立てることによってこのデザインで生まれました。
縁がそろわず、不規則に出っ張ったり引っ込んだりしてパーツそのままなところが面白いと思います。
説明を聞くとなるほどなのですが、焼成による伸縮でヒビなどが起こりやすく難しいそうです。
裏から見ると貼り合わせているというのがよく分かりますね。
ユニークな逸品では無いでしょうか。
陶房 風遊舎さんの取り鉢です。

商品情報とご購入はこちらから

白磁の取り鉢(陶房 風遊舎)

保存

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone
Tagged on: