梅乃瀬窯 佐賀しげみさん

梅乃瀬窯さんは、愛媛県松前町にありますが、砥部焼の窯元と言っていいはずです。砥部町のギャラリーでフェンネル柄の器を拝見してその繊細な柄に一目惚れしました。なかなかこういう絵付けは他には見られません。経歴を拝見すると、松山市の広告代理店でグラフィックデザインに携わっていらっしゃったということなので、陶磁器の既成の絵付けにとらわれない発想が生まれるのではないでしょうか
醉器をはじめるにあたりそのフェンネル柄の器を置かせてくださいとお願いすると、酒器がメインだということで新たにぐい呑みをデザインしていただきました。
おまけに、このぐい呑みは醉器オリジナルというお墨付きもいただきました。(将来的には他のお店でも入手可能になるかと思います。)

梅乃瀬窯 フェンネル柄ぐい呑み

注目オンラインショップの梅乃瀬窯さんコーナーはこちら

“頭の中でのヒラメキ、紙にそれを描く時のワクワク。
そして実際に”やきもの”として表現し初めての作品が窯から出るときのドキドキ!
この一連の流れは何回体験しても新鮮な喜びです。
プロとしての理想と現実、その辺をうまく絡み合わせ、息長く愛される作品を
作ることができたら・・・そして、脇役ながらもしっかりとした存在感のある器を作りたい!
と日々の仕事に打ち込むこの頃です。”


上記は梅乃瀬窯さんの陶磁器を作るの手仕事が分かる動画です。ちょうど弊店オーダーの骨壷が釜に入り焼き上がって出てくる様子が登場します。

オフィシャルサイト:梅乃瀬窯(http://www.geocities.jp/umenose/)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone
Tagged on: