桃色の貫入が入った村山大介さんのぐい呑です。
桃色貫入 ぐい呑(村山大介)
細かな砂糖をまぶしたように白くてさらっとした肌にピンク色の貫入が入っています。
艶かしく色っぽいぐい呑。そばに女性がいなくても、まるでお酌をしてもらって飲むような気分になれるんじゃないでしょうか。
底の方から見ても美しい。存在感が違います。小さな高台も釉薬のかかり方も面白い。
桃色貫入 ぐい呑(村山大介)
薪窯の高温の炎の中から生まれてくる、狙ってもなかなかできないという逸品です。そして絶品です。
Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone
Tagged on: