きちっと型から生み出されたような皿を使うのが通常ですから、手でこねて作られたような造形のある皿を食卓で使うというのにはなじみが無いかと思います。
洗練されたような特に洋食で使いこなすにはセンスがいりそうです。
家庭的な和食ではどうでしょう。なかなか手強そうですね。
どんな料理を盛りましょうか?
笠間 ロイ・マーティンさんの茶花柄手付浅鉢です。
Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone
Tagged on: