釉薬が流れた感じがとてもきれいなのでHASU工房の蓮見さんにお話をうかがうと、窯入れごとに違うものになり同じ物はまずできないとのこと。

それだけ微妙なところをねらって作陶されているということが分かります。
次はどのような器になっているのか楽しみである一方で、次を待たずに巡り会った時に買い求めた方がいいやきものなのだと思います。

HASU工房(蓮見かおり)

■メッセージ

うつわは、使うほどに育っていきます。

時間と共に変化していく色合いを楽しみながら

より長く、お使いいただければ幸いです。

■プロフィール

1980年 群馬県に生まれる。
2004年 明星大学陶芸専攻研究生課程修了
今野春雄氏に学ぶ
2006年 茨城県工業技術センター窯業指導所 釉薬I科終了
2007年 益子町に築窯

■公式ブログ
「やきもの HASU工房」

オンラインショップのHASU工房さんコーナーはこちら

保存

保存

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone
Tagged on: