新しい年や、門出の日に、縁起を担いでものを新調することは、日本が育んできた大切な風習です。
漆の酒器で美酒を酌み交わし、その奥深さを味わうひと時は、日本人が受け継いできた大切な文化です。
お正月など門出の日に使いはじめていただく贈り物の特別企画として、同じ東信濃で活動する「漆の和」さんの酒器を赤いお箱に詰めて、信州飯田の伝統工芸の水引を結んだ、オリジナルパッケージでお届けいたします。

お猪口 小 ペアセット(漆の和)お猪口 中 ペアセット(漆の和)

日本に育つ木をくり抜き、漆を塗り重ね、丁寧に仕上げた「漆の和」さんのお猪口。
日本の伝統色「墨(すみ)」と「緋(あけ)」は、お酒を引き立てる落ち着いた色合いです。
天然木ならではの木目を生かした仕上げは、使い込むほどに趣を深め、生きている素材ならではの温もりが、手のひらから伝わってきます。

水引(みずひき)は、古くから和紙作りが盛んに行われていた長野県飯田市に伝わる伝統工芸で、「漆の和」の酒器の仕上げ、日本の伝統色「墨(すみ)」と「緋(あけ)」を引き立てる、信州らしいギフトパッケージとなりました。
お慶びの心を表す「あわじ結び」は、塗師自らの手で、ひとつひとつ結んでおります。
贈る方の想いを伝える水引は、漆の器ならではの年輪と共に、心に刻まれることでしょう。

オリジナルパッケージ・水引これまで漆の和さんの漆器はオンラインショップでは販売しておりませんでした。世代を超えて愛用することができる漆器のお猪口をめでたい日のためにご用意されてはいかがでしょうか。

注目「漆の和」特別企画ページへ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone
Tagged on: