梅山窯(梅野精陶所)といえば砥部焼最大の砥部焼を代表する窯元に違いありません。
その柄も砥部焼を象徴するように、一目見れば砥部焼、一目見れば梅山窯と分かるデザインで、全国的な知名度もばつぐん。地方で目にする砥部焼といったら梅山窯さんの器がほとんどだと思います。
直売所は大きく様々な砥部焼がまさに山になって展示販売されているので、砥部に行く時には必ず立ち寄り購入して使っている器も数多くあります。店舗の奥にはアウトレットコーナーがあり、そこもまた山。見逃せませんよ。

そんな山の中から毎回チェックするのは直径10センチほどの小皿です。

砥部焼「梅山窯」の小皿
デザインが豊富できれいでお手頃な値段なのでついついコレクションしてしまいます。遠方から訪れて持ち帰るのにも小さいので楽だし、お土産に購入したこともあります。
主に我が家で使う時は刺し身で醤油を入れる皿。艶やかな模様が刺し身とマッチもすると思いませんか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone
Tagged on: