ウレタン塗装品のお取り扱いについて

■ウレタン塗装とは
ウレタンは漆かぶれの心配も無く、人体に無害とされている人工塗料です。
ただし、経年劣化するとはがれる性質があるため、このような状態になったらご使用はおひかえください。

■気をつけること
木地は“天然木”ですので、水に長時間浸け置かないようにしてください。

■軽い汚れ
軽い汚れは、さっとぬるま湯で洗えば十分です。
お湯の温度は40℃くらい。お風呂のお湯が目安です。

■油汚れ
食器用の中性洗剤をお使いになっても大丈夫です。
洗剤を薄めて布巾ややわらかなスポンジにつけて優しく洗えばきれいに落ちます。

■水滴が気になる
水切り後、乾ききらないうちに乾いたやわらかい布巾で手早く拭いてください。

■ご飯などのこびりつきは
内側にお湯をはって10分程度放置してください。ご飯粒がお湯を吸って緩み、スポンジで洗うだけでカンタンに落ちます。

■指紋が付くのが気になる
石鹸できれいに洗えばほとんどつくことはなくなります。指の油脂が付着することでおきますので、指紋がついたら、洗ったり、濡れた布巾で軽く拭いてください。

■においが気になる
ウレタン塗装は、食品衛生法の規格基準に適合した塗料で塗装をしておりますが、まれに多少塗料の匂いがきになる場合があります。その際は、風通しのよい場所に2~3日ぐらい、しばらく放置しておくか、それでも気になる場合は、70℃~80℃のお湯の中に商品を漬け置きし、冷めたら取り出します。それを数回繰り返していただければ、さらに匂いは薄れます。

■食器洗浄機での使用について
原則としてお勧めできません。

■漂白剤は使える?
原則としてお勧めできません。特に塩素系の漂白剤はご使用をお避けください。
酸素系漂白剤でしたら、汚れの少ないうちにご使用頂けます。

■電子レンジでの使用について
木製品は割れたり、発火の危険性がありますのでおやめください。

■シールが剥がれにくい場合
はがれない頑固なシールには、台所洗剤を使いましょう。台所洗剤をシールの上に塗り、その上からラップをぴたりと貼り付けて数分程おいておくときれいにはがせます。これは台所洗剤に含まれる界面活性剤の働きによります。界面活性剤がシールと粘着面に隙間を作るので剥がれやすくなるというわけです。ムースなどにも界面活性剤が含まれているので代用で使えます。塗装加工されたものだと変色をきたす場合があるで注意してください。

参考資料:
三義漆器店オフィシャルサイト(http://www.owanya.com/sikkinituiete.html)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on Google+Email this to someone